【Fallout76】所持総重量+100!パワーアーマー・エクスカベーターの入手方法

Fallout76-パワーアーマーエクスカベーター

少しわかりにくいサブクエストなので、手に入れずに進めてしまう人も結構います。

手に入れると重量の面でだいぶ楽になるので、少し寄り道して入手推奨。

Lv25からクリアすることができるようになるので、25になったら早速受けに行きましょう。

クリア報酬で「パワーアーマーステーションの設計図」も貰えます。

Sponsored Link

エクスカベーターアーマー

エクスカベーター

エクスカベーターは所持重量が+100されるパワーアーマーで、中盤~終盤にかけての戦闘にジャンク集めに大活躍。

ただ、防御力はそれほど高くない(それでも生身よりは大分マシですが)ので、終盤になったら他のアーマーに乗り換えるようになると思います。

それにしても、Fallout76は重量の制限がかなりキツイです。持っているといないとでは雲泥の差。

レベル25になったら必ず入手しに行きましょう。

クエストが受けられる場所

スタート地点はラスティ・ピック

ラスティ・ピック

そこにポスターがあるので、それを調べるとクエスト開始です。

エクスカベーターのポスター

マーカーに従ってクエストを進めていくと、エクスカベーターアーマー一式の作成を要求されます。

装備レベルが25なので、このクエストはレベル25になるまでクリアすることができません。

25の時点では要求される素材が結構きついです。そのため、クエストの大半はジャンク集めに勤しむことになります。

Sponsored Link

効率の良いジャンクの集め方

作成に必要な素材は以下。

  • ねじ:60
  • ガラス:12
  • ゴム:26
  • ブラックチタン:36
  • 鉄:102
  • オイル:36
  • スプリング:60
  • ギア:30
  • 核物質:6

おそらくネックになるのは「ねじ」と「スプリング」と「ブラックチタン」だと思います。

「ねじ」は“オフィス用ファン”や“おもちゃ”などの機械類。スプリングは“手錠”や“使い古したクリップボード”などのジャンクから出ます。

オフィスっぽい場所でジャンクを集めてくると早いと思います。

また、近くに「ジャンク溜まり」があり、そこにキャンプを設置すると「ジャンク抽出装置」が設置できるようになります。

この辺。

ジャンクだまりの場所

キャンプにジャンク抽出装置を設置しておけば、放っておいてもジャンクを集めてくれるようになります。

少し遠いですが、ジャンクが獲れるワークショップを手に入れるのも良いですね。

一番近くで「チャールストン埋立地」かな。

チャールストン埋立地の場所

ジャンク抽出機の使い方


マップでジャンクだまりを発見。


ジャンク


クラフトで「ジャンク抽出装置」を選択して、ジャンク溜まりに設置します。


ジャンク抽出装置


設置したら、続いて「ジェネレーター大」を設置して、カスタム画面で「ジェネレーター大」からワイヤーを繋げます。


ワイヤーを繋ぐ様子


ちゃんと繋がっていると「ジャンク抽出装置」が音を立てて動き出します。


カスタム画面で押して鍵をかけるのを忘れずに。鍵をかけていないと、他のプレイヤーに普通に盗られます。


あと苦労するのは「ブラックチタン」。序盤はなかなか手に入りません。

一番早いのはデスクロー狩りなんですけど、硬いし痛いし早いしで厄介な相手なので、モールマイナーが持っているジャンクを集めるのがオススメです。

ブレア山付近に山ほどいるので、ジャンク抽出装置が「ねじ」や「スプリング」を集めてくれている間に、地道に狩っていきましょう。

エクスカベーターアーマーを作る

集め終わったら、いよいよエクスカベーターアーマーを作ります。

作成の方法が分からない場合は、こちらの記事を参考にしてください。

投棄されたパワーアーマー 【Fallout76】パワーアーマーの入手方法と使い方のまとめ【初心者向け】

作ったら、ガラハン本社の地下で登録を済ませればクエストクリア。

報酬として、「パワーアーマーステーションの設計図」が手に入ります。

フュージョンコアの入手法について

完成したら、「早速エクスカベーターでパワーアーマーデビュー!」といきたいところですが、動力のフュージョン・コアがなかなか貴重。

いつでもどこでも常に着て歩くわけにもいきません。

フュージョン・コアの集め方については、こちらの記事でまとめているので参考にしてみてください。

【fallout76】おすすめのフュージョンコアの集め方!効率の良い周回場所から裏技まで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です