【Fallout76】STRENGTHのパークのランク別効果一覧と使用感まとめ

strengthのレベルアップ画面

S.P.E.C.I.A.L.のStrengthのPerkに絞って、使ってみた感想やおすすめPerkを紹介しています。

Strengthパークの使用感まとめ

Lv2 – GLADIATOR

Gladiator

ランク効果必要
ポイント
片手持ちの近接武器のダメージが10%追加される1
★★片手持ちの近接武器のダメージが10%追加される2
★★★片手持ちの近接武器のダメージが10%追加される3

片手武器の威力アップPerk。

個人的には、デカいダメージを取るなら両手、雑魚をサクサク狩るなら片手が良いかなっていう感じ。

両手武器を振って片手に持ちかえると振りの早さにびっくりします。

Lv3 – TRAVELING PHARMACY

Traveling Pharmacy

ランク効果必要
ポイント
スティムパックを含む薬物の重量が30%軽くなる1
★★スティムパックを含む薬物の重量が60%軽くなる2
★★★スティムパックを含む薬物の重量が90%軽くなる3

薬の重量を最大90%カットしてくれるPerk。

生命線になるスティムパックが結構重たいので、ないと死ぬレベルで必須です。

重量軽減はこのPerkとジャンクを軽減する「PACK RAT」、弾薬を軽減する「BANDOLIER」、食料を軽減する「THRU-HIKER」、エネルギー弾を軽減する「BATTERIES INCLUDED」の5つが優秀です。

Lv5 – IRON FIST

IRON FIST

ランク効果必要
ポイント
パンチ攻撃のダメージが10%追加される1
★★パンチ攻撃のダメージが15%追加される2
★★★パンチ攻撃のダメージが20%追加される3

デスタンバリンとか、デスクローガントレットとか、拳に装着して使うタイプの武器の威力があがります。

素早い振りで両手武器に勝る威力を出せますが、パワーアーマーを装着すると使えないというデメリットが。

使うなら「BARBARIAN」や「EVASIVE」、「JUNK SHIELD」など、耐性アップ系のPerkを併用しないと防御面が辛いです。

また、生身アーマーの耐久力を増やして修理素材を減らす「WHITE KNIGHT」を使わないと、耐衝撃ファイバーを集めるだけのゲームになってしまいます。

Lv6 – SLUGGER

Slugger

ランク効果必要
ポイント
両手持ちの近接武器のダメージが10%追加される1
★★両手持ちの近接武器のダメージが15%追加される2
★★★両手持ちの近接武器のダメージが20%追加される3

ただでさえ強いスーパースレッジハンマーがめちゃくちゃ強くなります。

重量Perkのおかげで枠がなくても、10~20%も威力が上がればトンデモナイ火力に。

PvPでは、ほとんどの人は最大強化の両手武器で殴ってきます。生身だと2発貰ったら確実に溶けるので怖いです。

Lv7 – PACK RAT

Pack Rat

ランク効果必要
ポイント
ジャンクアイテムの重量が25%軽くなる1
★★ジャンクアイテムの重量が50%軽くなる2
★★★ジャンクアイテムの重量が75%軽くなる3

重量軽減Perkの最優先目標です。

ジャンクを集めてモノを作るゲームなので必須。

ただ、拾ったものは小まめにSTASHに移してしまうので、必ずしも3まで上げる必要かと言われると疑問に思うところも。

自分の重量やS.P.E.C.I.A.L.のポイントと相談して、2で止めるのもアリだと思います。

Lv10 – SHOTGUNNER

shotgunner

ランク効果必要
ポイント
ショットガンのダメージが10%追加される1
★★ショットガンのダメージが15%追加される2
★★★ショットガンのダメージが20%追加される3

STRを上げると近接武器を握る機会も多いですが、ショットガンと近接の両方にダメージアップをつけようと思ったら重量が辛くなるのが悩みどころ。

交戦距離が同じ近距離ということもあって、ショットガンか近接のどちらかを選ぶようになると思います。

しかし、使ってみると比べるまでもなく近接の方が強くて使いやすく、なかなかショットガンの出番は回ってきません……。

Lv11 – BASHER

Basher

ランク効果必要
ポイント
銃のバッシュのダメージが25%追加され、5%の確率で手足に重傷を負わせる1
★★銃のバッシュのダメージが50%追加され、10%の確率で手足に重傷を負わせる2

銃のカスタマイズとこのPerkを合わせれば、バッシュもなかなかの威力になります。

それにしても元がそんなに強いわけじゃないので、虫潰しのオマケなのは変わらず。個人的にはわざわざPerkを取るほどのものではないという感じ。

カスタマイズが限定されるのも悩みどころですね。

Lv13 – STURDY FRAME

STURDY FRAME

ランク効果必要
ポイント
アーマーの重量が25%軽くなる1
★★アーマーの重量が50%軽くなる2

レンジェンダリーだろうと使わない装備はガンガン捨てる・売るスタイルならいらないでしょう。

アーマーは武器ほど重たくはないですから、Perkで軽減できる分も知れています。

これを取るなら他を優先すべき。

Lv14 – BARBARIAN

BARBARIAN

ランク効果必要
ポイント
Strengthごとにダメージ耐性が2追加される(パワーアーマー未装備時)1
★★Strengthごとにダメージ耐性が3追加される(パワーアーマー未装備時)2
★★★Strengthごとにダメージ耐性が4追加される(パワーアーマー未装備時)3

STR MAXで最大60の耐性アップ。

数字の上では優秀なPerkですが、生身でしか意味がないというのが。

中盤~終盤の戦闘はほとんどパワーアーマーを着ていると思うので、敢えて必要ないと思います。

STR、AP、END極振りのバーサーカープレイも面白そうではありますが、生身アーマーの修理素材である「衝撃吸収ファイバー」が超貴重なので、あんまり生身で殴り合いたくないというジレンマ。

AGIの「EVASIVE」、「JUNK SHIELD」など、他の耐性アップ系と併用して、「WHITE KNIGHT」で耐久力を上げて修理素材を減らすぐらいすれば、生身でも快適に戦えるかも。

Lv16 – MARTIAL ARTIST

MARTIAL ARTIST

ランク効果必要
ポイント
近接武器の重量が20%軽くなり、振る速度が10%早くなる1
★★近接武器の重量が40%軽くなり、振る速度が20%早くなる2
★★★近接武器の重量が60%軽くなり、振る速度が30%早くなる3

重量が軽くなる上に、ダメージ量も増える優良Perk。つよいです。

近接武器を使うならぜひとも欲しいPerkですが、重量がキツい序盤は優先順位が下がり気味。威力UP系まで積むとなかなか順番が回ってきません。

30%の速度アップはぜひ体感してもらいたい。片手も両手もブンブン振れて気持ちいいです。

近接を使用する全ての人の必携Perk。

Lv18 – SCATTERSHOT

Scattershot

ランク効果必要
ポイント
ショットガンの重量が30%軽くなり、リロードが10%早くなる1
★★ショットガンの重量が60%軽くなり、リロードが20%早くなる2
★★★ショットガンの重量が90%軽くなり、リロードが30%早くなる3

リロード速度30%アップが優秀で、頻繁にリロードするダブルバレルショットガンと相性が良いです。

リロードに煩わされずに快適に取りまわせるようになりますが、重量の関係で枠が厳しいSTR。

STR MAXでも入れ込む隙があるかどうか……。

Lv20 – EXPERT GLADIATOR

Expert Gradiator

ランク効果必要
ポイント
片手持ちの近接武器のダメージが10%追加される1
★★片手持ちの近接武器のダメージが15%追加される2
★★★片手持ちの近接武器のダメージが20%追加される3

片手持ち近接威力アップ2枚目。

威力アップは全部で3枚あって、1枚をランクアップさせるより、ランク1を3枚積んだ方がポイント的には効率が良いです。

ですので、3枚揃ってから、さらに威力が欲しい場合にだけランクアップさせるのがおすすめ。

Lv21 – BLOCKER

Blocker

ランク効果必要
ポイント
敵の近接攻撃のダメージを15%減少させる1
★★敵の近接攻撃のダメージを30%減少させる2
★★★敵の近接攻撃のダメージを45%減少させる3

最大45%の近接ダメージを減少してくれるPerk。

クリーチャーのほとんどは近接攻撃が痛すぎるので、あるとないとでは雲泥の差。ランク3まで上げると、生身でデスクローと殴り合えるようになります。

群がられることも多いソロでのプレイでは特におすすめ。

PvPでは両手近接がアホみたいに強いので必須かもしれません。

どのぐらい強いかというと、V.A.T.S.クリティカルでパワーアーマーの上から1撃で沈むぐらい。

普通の1発で半分以上持っていかれます。ダッシュ攻撃で一撃瀕死。

Lv22 – BANDOLIER

ランク効果必要
ポイント
実弾武器用の弾薬の重量が45%軽くなる1
★★実弾武器用の弾薬の重量が90%軽くなる2

放っておいてもガンガン溜まっていくので、銃を使うなら「TRAVELING PHARMACY」と並んで必須だと思います。

普通にプレイしていてもSTASHがすぐにジャンクでパンパンになるので、弾は必然的に持ち歩くようになります。

使う銃を限定して、必要のない弾を捨てたりして数を管理していく手間を惜しまないなら必要ありません。

色んな銃を使いたい、オートマチックを使いたい、弾が重たい銃を使いたい、この3つのうちのどれかに当てはまるなら必携Perkです。

Lv23 – EXPERT SHOTGUNNER

Expert-Shotgunner

ランク効果必要
ポイント
ショットガンのダメージが10%追加される1
★★ショットガンのダメージが15%追加される2
★★★ショットガンのダメージが20%追加される3

ショットガン威力アップ2枚目。

Lv24 – EXPERT SLUGGER

Expert Slugger

ランク効果必要
ポイント
両手持ちの近接武器のダメージが10%追加される1
★★両手持ちの近接武器のダメージが15%追加される2
★★★両手持ちの近接武器のダメージが20%追加される3

両手持ち近接威力アップ2枚目。

Lv26 – STRONG BACK

Strong-Back

ランク効果必要
ポイント
総重量が10追加される1
★★総重量が20追加される2
★★★総重量が30追加される3
★★★★総重量が40追加される4

STR Perkの大本命です。

エクスカベーター以外のパワーアーマーを運用しようと思ったら、PAの衝撃保護MODかこのPerkがないと無理なレベルです。

ただ、STRは必携Perkの激戦区なので、ランク4まで上げるべきかと言われると少し悩みます。4ポイントはさすがに重たいですからねぇ。

軽減系のPerkを一通り取ってから、枠を空けるためにランクを上げていくと無駄がありません。

Lv30 – HEAVY GUNNER

Heavy Gunner

ランク効果必要
ポイント
爆発属性でないヘビーガンのダメージが10%追加される1
★★爆発属性でないヘビーガンのダメージが15%追加される2
★★★爆発属性でないヘビーガンのダメージが20%追加される3

ミニガンやマシンガン、ハープーンガンなどの実弾系のヘビーガンの威力を上げてくれるPerkです。

ストレスなく使うなら、重量軽減Perkをガン積みして他に必要のないものは全て捨てるぐらいの専用ビルドじゃないと辛いかも。

Lv31 – ORDINANCE EXPRESS

Ordinance-Express

ランク効果必要
ポイント
爆発物の重量が30%軽くなる1
★★爆発物の重量が60%軽くなる2
★★★爆発物の重量が90%軽くなる3

グレネード系が軽くなるPerkで、ミサイルなんかの爆発系の弾薬も含まれます。

拾った分で何とかするスタイルだとあまり必要ありませんが、作ってでも常備しておくスタイルならおすすめ。

爆発半径を広げる「GRENADIER」や威力アップの「DEMOLITION EXPERT」とセットで。

グレネードなら「FIRE IN THE HOLE」があると狙った場所に投げやすくなります。

Lv33 – FULL CHARGE

Full Charge

ランク効果必要
ポイント
パワーアーマー装備時のダッシュのフュージョン・コアの消費量がが半分になる1
★★パワーアーマー装備時のダッシュでフュージョン・コアが余計なエネルギーを消費しなくなる2

「フュージョン・コア」は、ダッシュよりもダメージによる消費の方が激しいのであんまり意味がないです。

「フュージョン・コア」の入手自体がそれほど難しくないのも向かい風。僕は今50個持ち歩いていて、捨てるわけにもいかず重くて困っています。

まずは「BATTERIES INCLUDED」でフュージョン・コアの重量を軽減、大量に持てるようにしておいて、それでも足りなければ持続時間を上げる「POWER USER」。

パワーアーマー運用はこの2つのPerkで十分です。

Lv34 – INCISOR

INCISOR

ランク効果必要
ポイント
近接攻撃が敵のアーマーを25%貫通する1
★★近接攻撃が敵のアーマーを50%貫通する2
★★★近接攻撃が敵のアーマーを75%貫通する3

近接攻撃が敵のアーマーを最大75%無視するようになるPerk。

他の武器のアーマー貫通が36%とか45%な中、近接だけ破格の75%。ずるい。

使ってみるとスーパーミュータントが面白いぐらいサクサク溶けます。おすすめ。

アーマーを着込んで戦うPvPでも効果が見込めるんじゃないかと思います。

ただ、重量軽減系に、威力アップに、「MARTIAL ARTIST」、この激戦区に差し込むスペースを捻出するのは厳しいかも。

Lv35 – BEAR ARMS

BEAR ARMS

ランク効果必要
ポイント
ヘビーガンの重量が30%減少する1
★★ヘビーガンの重量が60%減少する2
★★★ヘビーガンの重量が90%減少する3

ヘビーガンの重量を最大90%軽減してくれるPerk。

上位MODで改造すると重量30ポンドとかいくので、ヘビーガンを運用するならないと厳しいです。

普段なら重くて拾えないヘビーガンを大量に持ちかえって解体してMODにできるのも利点。

ヘビーガンは弾も重いので「BANDOLIER」をセットで。

ミサイルランチャーなどの爆発系なら「ORDINANCE EXPRESS」も欲しいですね。

Lv37 – LOCK AND LOAD

Lock And Load

ランク効果必要
ポイント
ヘビーガンのリロードが10%速くなる1
★★ヘビーガンのリロードが20%速くなる2
★★★ヘビーガンのリロードが30%速くなる3

リロードが遅いというヘビーガン全般の弱点をカバーしてくれる優良Perkですが、重量ががががが……。

威力アップに重量と積んでいくと、なかなかリロード速度まで手が回らないかも。

Lv39 – BULLET SHIELD

Bullet-Shield

ランク効果必要
ポイント
ヘビーガンでの攻撃中はダメージ耐性が20上昇する1
★★ヘビーガンでの攻撃中はダメージ耐性が30上昇する2
★★★ヘビーガンでの攻撃中はダメージ耐性が40上昇する3

撃たれながら殴られながらヘビーガンを撃ちまくるためのPerk。

エネルギー耐性は上がらない点に注意。実弾系ヘビーガンを使うなら変異の「絶縁体」(エネルギー耐性+100、エネルギー武器ダメージ-50%)を併用すると良いかも。

ただ、vE、vP共に撃たれるよりも殴られる方が痛いので、これを取るなら「BLOCKER」の方が先かなっていう気がしなくもないです。

また、終盤はパワーアーマーを着ると防御力が400~ぐらいになるので、相対的に効果が落ちるのも向かい風。

Lv40 – EXPERT HEAVY GUNNER

Expert Heavy Gunner

ランク効果必要
ポイント
爆発属性でないヘビーガンのダメージが10%追加される1
★★爆発属性でないヘビーガンのダメージが15%追加される2
★★★爆発属性でないヘビーガンのダメージが20%追加される3

ヘビーガン威力アップ2枚目。

Lv41 – PAIN TRAIN

Pain Train

ランク効果必要
ポイント
パワーアーマー装着時にダッシュして敵に当たると傷付け、よろめかせる1
★★パワーアーマー装着時にダッシュして敵に当たると強打し、よろめかせる2
★★★パワーアーマー装着時にダッシュして敵に当たると踏みにじり、よろめかせる3

ランク3まで上げると、名前の如く列車のように敵を轢き殺せるPerk。

雑魚の群れに突撃していくのは爽快です。

近接メインで戦うならあると面白いですが、これで殺せる程度の敵はわざわざ轢かなくても殴れば死ぬので、必要かと言われると答えに困ります。

ただ、白NPCにも攻撃判定があるようで、これをつけたパワーアーマーでホワイトスプリング内をダッシュしていると、肩がぶつかったと因縁を付けられレーザーで集団リンチされます。

Lv43 – MASTER GLADIATOR

Master Gladiator

ランク効果必要
ポイント
片手持ちの近接武器のダメージが10%追加される1
★★片手持ちの近接武器のダメージが15%追加される2
★★★片手持ちの近接武器のダメージが20%追加される3

片手持ち威力アップ3枚目。

Lv43からは威力アップ系が続くので、解説は実質ここまで。

Lv45 – MASTER SHOTGUNNER

ランク効果必要
ポイント
ショットガンのダメージが10%追加される1
★★ショットガンのダメージが15%追加される2
★★★ショットガンのダメージが20%追加される3

ショットガン威力アップ3枚目。

Lv48 – MASTER SLUGGER

ランク効果必要
ポイント
両手持ちの近接武器のダメージが10%追加される1
★★両手持ちの近接武器のダメージが15%追加される2
★★★両手持ちの近接武器のダメージが20%追加される3

両手近接武器威力アップ3枚目。

Lv50 – MASTER HEAVY GUNNER

Master Heavy Gunner

ランク効果必要
ポイント
爆発属性でないヘビーガンのダメージが10%追加される1
★★爆発属性でないヘビーガンのダメージが15%追加される2
★★★爆発属性でないヘビーガンのダメージが20%追加される3

ヘビーガン威力アップ3枚目。

Perk-list 【Fallout76】PERKの効果と取得レベル一覧

SNSアカウントでコメントできます

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください