『ゲーム・オブ・スローンズ』がHuluで2週間無料で見れるのでぜひ見て欲しい

Huluに登録してから、一気見してやろうと狙っていた『ゲームオブスローンズ』をついに見ました。

結構話題だったのでずっと気になっていたんですけど、いや、すごかったです。

感想とか良いからとりあえず見るって人は、Huluか、もしくはAmazonプライムビデオのどちらかで見られるのでぜひ。

新規登録なら2週間/一ヶ月無料で見ることができます。

あらすじ

七王国の王様の称号である鉄の王の椅子を巡り、国や一族が争う物語。

それぞれの思惑や駆け引きが錯綜し、数々の衝撃的な出来事が物語をあらゆる方向へ進めていくファンタジー。

原作はジョージ・R・R・マーティン著『氷と炎の歌』というファンタジー小説。2018年11月の時点で第1章から第5章まで刊行されており、現在も続刊中です。

『ハリーポッター』や『スターウォーズ』のように、広い世界で多彩な人物が登場し物語が進行するサーガ。

中世ヨーロッパの生活様式で、ファンタジーってとこも『ロードオブザリング』や『ベルセルク』の世界観と似ています。

おすすめポイント

クオリティが高い

衣装も建物も日用品も、画面に登場する全ての物のクオリティがとにかく高い。

見てくださいよこの衣装。

それぞれの国や部族で違いがあって、家紋が記してある鎧や、戦いで傷ついた汚れもリアル。

小道具もディティールが凝ってて素晴らしく、没入感が一層高まるってもんです。

登場人物たちがワインを注ぐコップに、身につけるアクセサリーも芸術的で細かく、ゲームオブスローンズの世界観をしっかり構築してます。

そして、極め付けが登場する動物。

焚き火で動物を焼いて食べるシーンが度々あるんですけど絶対本物の動物を殺して食べてます

そう確信できるぐらいの迫力。あれが作り物だったなら、むしろもっとすごい。

で、気になって調べたんですけど、タイウィン・ラニスターが鹿を捌くシーンでは、本物の死体を捌いたんだそうです。

タイウィン・ラニスター役のチャールズ・ダンス曰く、手に鹿の匂いが二日間取れなかったとか……。

このこだわりと作り込み。ゲーム・オブ・スローンズが、海外ドラマの歴史を塗り替える作品になるのは間違いないでしょう。

だって、“1話あたりの制作費”で 約10億円って。2019年放送予定のシーズン8(最終回)は 1話で約21億円以上と言われてます。

これを1シーズン10話でしょ。

それが8シーズンでしょ。

ってことは、単純計算で8百億以上ってことでしょ。

え、これ、国が動くんじゃないですか……?

そりゃあ怪物ドラマって言われますわな。

ネタバレ:動物だけじゃない!!

さらにさらに、中盤から後半にかけては巨人魔物、そしてドラゴンなど、神話の生き物が続々と登場します。

GOTに登場するドラゴン

まさか本物ってことはないんでCGなんですけど、むしろ本物って言われた方が納得できるクオリティ。

ファンタジーが好きな人は、ドラゴンが登場する度に大興奮できます。

息を呑む戦争や一騎打ち

国々の大戦を描く作品で、アクションも見所のひとつ。

そして、ゲーム・オブ・スローンズはアクションシーンでも妥協を許しません。

アクションはもちろんすごいんですけど、規模もオカシイ

国同士の戦争、戦士同士の一騎打ちには毎回ハラハラドキドキさせられます。

登場人物も一人一人が魅力的なので、思わず「負けるな!!」と声が漏れてしまう戦いもたくさん。

この迫力は、もう役者さんがすごいとしか言いようがない。死ぬ気で戦争の訓練を積んできた本物の兵士にしか見えません。

緻密で壮大なのに話が分かりやすい

ゲーム・オブ・スローンズは撮影地や登場人物の数も多く、あらゆる面で規格外。

決まった主人公がいないため、色んな人物の視点に切り替わりながら話が進む群像劇みたいな作りになってるんですけど、割に分かりやすいんですよね。

オリジナルの設定が多くて、最初は聞きなれない単語のオンパレード。国や役職の名前もよく分からず、人の名前もイマイチ覚えられない状況が続きます。

しかし、シーズン1を見終わった頃には勢力図とか状況とかがスッキリ腑に落ちている不思議

全体の流れもそうなんですけど、一人一人の話がまた濃くていちいち引き込まれるんですよ。

それが全体で繋がっているので、全体ありきのただの群像劇ではありません。

これほど壮大なサーガをひとつの作品にまとめられるのは、ドラマならではですね。

壮観過ぎる撮影地

撮影地は洞窟草原砂漠雪原などなど。

あまりに壮大すぎるんでCGかと思ってたんですけど、実際に存在する建物や自然を撮影地として使用してるようです。

そりゃ、違和感ないわけだ……。

物語が同時進行で進むので、雪原からいきなり砂漠地帯に場面が切り替わったりする場面も多く、景観だけ見てても飽きません。

北アイルランド地方では、ゲーム・オブ・スローンズの撮影地として、正式に観光名所やアトラクションにする予定だとか。

確かに、あの壮大な景観が実際に見られると思うと、それだけでも行きたくなりますよね。

魅力的な登場人物

なんともありきたりな見出しですが、これほどこのキャッチコピーが似合う作品はありません。

各キャラクターの言動や行動には必ずその人の人生が反映されていて、みんなそれぞれに人間らしいというかなんというか。

それでも、良い奴はどこまでも良い奴だし、悪い奴は本当に同情の余地がないぐらいゲス野郎。

こんな感じで、それぞれのキャラクターがみんな振り切れているのがゲーム・オブ・スローンズの魅力のひとつだと思います。

ゲーム・オブ・スローンズを見ると、みんなそれぞれに好きなキャラが出てきます。絶対。

それぐらい多彩に深く掘り下げていくので、そりゃあ面白いですよ。

個人的に好きなのはジョン・スノウ(キット・ハリントン)ティリオン・ラニスター(ピーター・ディンクレイジ)

先ほど「決まった主人公はいない」と言いましたが、主人公がいるとすれば、僕の中では間違いなくジョン・スノウ

落とし子として蔑まれながらも、生家のスターク家を愛し、あらゆる苦難を乗り越えて成長する姿には勇気をもらいます。

落とし子とは、身分の高い人が正妻でない女性に産ませた子のことで、この世界では「スノウ」という名字を名乗らされるんです。

そして、もう一人がティリオン・ラニスター

生まれながらの小人症で、そのせいで生家からも周囲からも半人前、インプ、ドワーフと蔑まれ、まぁ真っ直ぐ育つはずがなく。

酒飲み、女好き、皮肉屋、憎まれ屋なんですけど、めちゃくちゃ勉強家。

知識と知恵から繰り出される絶妙なユーモアが最高。

義理堅く、石のように真面目なジョン・スノウとは対照的に、良い感じに力が抜けているところが好きです。

ネタバレ:ティリオンは本当はとても純粋に良い人
そんなティリオンにも、真面目で愛して本気で守ろうとした女性がいました。

しかし、その純真な気持ちは裏切りと殺戮の血に汚され、ティリオンは失意のどん底に。
(第4章第10話『世継ぎたち』参照)

本当に、彼の人生ってこんなことばっかりなんですよ。

親父に裏切られ、兄弟に裏切られ、国に裏切られ、果ては愛する人にも裏切られ……。

酔ってないとやってられませんわな。

しかし、深く傷つき落ち込んだティリオンも、その後の彼は自分のやるべきことを見出し、ドラゴンの母に仕えることになります。

裏切りの果てに辿り着いたその場所で、一体彼は何を手に入れるのか……。

今、サラッとジョン・スノウとティリオン・ラニスターの人生を語りましたけど、こうやって人生を語れるほどのストーリーを見せてくれるキャラクターがたくさんいるんです。

両手でも数えきれないぐらい。

これってすごいことじゃないですか。

ゲームオブスローンズが視聴できる動画サービス

もうホントにぜひ見て欲しい

話題作って言っても、海外ドラマファンが騒いでるだけでしょ?って思ってる人にぜひ見て欲しい

HuluとかAmazonプライムビデオに新規登録すれば無料で見れるので、ぜひ見て欲しい

いやほんとに、何度も言いますけどぜひ見て欲しい。価値観が変わるレベルで面白いです。

ゲーム・オブ・スローンズが見れる動画サービスは、2018年12月現在。HuluとAmazonプライムビデオの2つだけ。

動画サービス料金無料期間
Amazonプライム・ビデオ年間3,900円1ヶ月
Hulu月額933円2週間

Huluが「ゲーム・オブ・スローンズ」を始めとした怪物ドラマを次々と生み出すHBOエンターテイメントと独占契約を結んでいるのは有名な話です。

ところが、最近になってHuluの再生リストからHBO作品がどんどん消えているということが話題になり、逆にAmazonプライムビデオの方に増えているんだとか。

2018年はどうやらAmazonとHuluでHBOを奪い合っている様子でした。

HBO独占契約はHuluの大きなセールスポイントだっただけに、今後の展開がどうなっていくのか気になるところ。

Amazonプライム・ビデオ

¥325/月
  • 無料お試し期間 30日間
  • PPV ×あり
  • 同時再生 3
  • ダウンロード機能

ほとんどの章は見放題ですが、最新章だけはレンタルで1話300円。

1ヶ月の無料期間を利用すれば、最新章を覗いて無料で見ることができます。1章10話なので、レンタルして3,000円です。

1話にお金を払うとなると少し割高ですね。

Amazonプライム・ビデオの特徴

最大の特徴は、年間3900円、月額にして325円という安さ。

それでいて人気作、話題作からオリジナル作品までジャンルを問わず、“痒い所に手が届く”ラインナップを取り揃えています。

それでいてAmazonプライムの様々な特典も利用できるんですから、コストパフォーマンスにかけてAmazonプライムの右に出るサービスはありません。

継続して利用するならAmazonプライムビデオがおすすめです。

Hulu

Huluでは「ゲーム・オブ・スローンズ」全シリーズ見放題。

無料期間を利用すればお金を払わず見れますが、期間が2週間と短めです。

2週間で全シーズン一気見は寝ずの戦いになるので、普通に見る分には月額933円(税込1,007円)は覚悟した方がいいかも。

Huluの特徴

Huluのロゴ

¥933/月
  • 無料お試し期間 14日間
  • PPV ×なし
  • 同時再生 1
  • ダウンロード機能

Huluはとにかく海外ドラマがとにかく豊富。

ドラマを見るなら月額933円で定額見放題というのは魅力です。お金のことを気にしなくていい定額見放題だけの動画サービスは、実はNetflixとHuluだけ。

他に映画やアニメ、バラエティなどの他ジャンルも多く取り揃えています。

他の動画サービスでは有料の作品が、見放題で並んでいたりもします。

とりあえず見たい作品だけを見て、見終わったら解約して、また見たい作品が出てきた時にまた契約するっていう使い方も可能で、Amazonプライムビデオに劣らないコストパフォーマンスを発揮します。

完全無料で見るなら

少し手間ですが、シーズン1からシーズン6までを無料お試し1ヶ月のAmazonプライム・ビデオで、残りのシーズン7~をHuluで視聴する方法もあります。

ただ、いずれも無料お試し期間は新規登録のみなのが考え所ですね。

解約しても特に手間がかかるわけでもなく、いつでも好きな時に簡単な手続きで再開できるので、手間以外の損はありません。

なので、とりあえずアカウントを作っておいて、また見たいドラマができた時に再開する–、という方法もあり。

とりあえず、僕が言いたいことは、どんな手を使ってでもゲーム・オブ・スローンズを見てください

見終わった後、「この世界ともしばらくお別れか」と少し寂しくなりました。この感覚は久しぶりです。

絶対おもしろいですよ。

SNSアカウントでコメントできます

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください