【2019年決定版】邦画に強いおすすめの動画配信サービス5選!

邦画は洋画と違って国内民放が絡んでくるので、各動画配信サービスによってラインナップがまちまち。

国内ドラマと似たような傾向がありますが、話題の作品はどこもこぞって配信しているので、ドラマやアニメの映画化とかでなければラインナップはさほど変わらない感じ。

単純に数やざっくりとした傾向では測れないので、各動画サービスの公式サイトにいって、検索窓から見たい作品を実際に検索してみるのがおすすめです。

契約しなくてもブラウザからラインナップを確認できる動画サービスも多ですからね。

U-NEXT

¥1,990/月
  • 無料お試し期間 31日
  • PPV あり
  • 同時再生 4
  • ダウンロード機能

月額料金は高いですが、作品数が多いのがU-NEXTの特徴。作品数もジャンルも多彩で最新作も積極的に配信しています。

シリーズものの新作が来れば過去作もきっちりカバーしてきますし、数と質に関してはU-NEXTがトップなのは邦画でも変わらず。

過去の名作、名作ドラマやアニメの劇場版まで、幅広く揃っています。

他にはない優秀なレコメンド機能で、俳優や監督でまとめた特集を組んでくれているのもポイント。

ぼくの中の「見たい作品を探しやすいランキング」ではNetflixに次いで不動の2位です。

月額が高いのが気になる点ですが、毎月もらえる1,200ポイントで有料作品も割と気軽に視聴することができます。

見放題のコンテンツも充実していて、雑誌や漫画、果ては映画館でも使えるので、ポイントを有効に使えればコストパフォーマンスも悪くはありません。

邦画に強いときたら、まずオススメしておかねばならんと思う動画サービスです。

Hulu

Huluのロゴ

¥933/月
  • 無料お試し期間 14日間
  • PPV ×なし
  • 同時再生 1
  • ダウンロード機能

Huluでは、「過去に話題になったあの邦画」が数多く揃っています

国内ドラマやバラエティも充実していて、邦画を始めとした国内向けコンテンツ全般が好きな人にはイチオシ。

HBOをAmazonプライムビデオに持っていかれたのが辛いところですが、それでも海外ドラマに強いという評価が覆ることはないでしょう。

⇒HuluのHBOドラマがAmazonプライムビデオに移行中!?

その他、洋画、アニメ、と各ジャンルともバランスが良く、ラインナップに関しては弱点がなくなりつつある感。

何より933円+税の完全定額見放題で都度課金がないのが使いやすいですよね。

最新作が並ばないのは定額見放題の越えられない壁……。

FOD

FODのロゴ

¥888/月
  • 無料お試し期間 31日
  • PPV あり
  • 同時再生 5
  • ダウンロード機能 ×

FODはフジテレビのコンテンツを独自配信できるのが強みですよね。

フジテレビは他の民放に比べるとやや閉鎖的で、他の動画サービスでは配信されていない作品が多く並んでいます

例えば、フジテレビドラマの劇場版はだいたいFODオンリー。

ただ、フジテレビ以外の動画は少なく、良くも悪くも限定的です。

洋画や海外ドラマなんかは圧倒的に他の動画サービスの方が充実してます。

月額888円+税で毎月1,300ポイントが貰えて、雑誌も100冊以上が読み放題とコストパフォーマンスは高いですが、何はともあれフジテレビ作品が気に入るかどうかが大事。

ツボにハマれば、コスパもラインナップも最高だと思います。

ビデオマーケット

¥500/月
  • 無料お試し期間 月末まで
  • PPV あり
  • 同時再生 無制限
  • ダウンロード機能 ×

U-NEXTに並んで数だけはピカイチ。

映画の新作がとにかく早いと評判で、月額も安いので「見たい作品はだいたい最新作」という人は経済的に利用できます。

レンタル利用+対象動画が見放題になる「プレミアム&見放題コース(980円+税)」もありますが、見放題対象の作品は正直微妙

邦画に限定するとさらに少ないです。

内容もB級がほとんどで、マニアックな映画を掘りたいっていう人じゃないと見たい作品には出会えないかも。

「見放題はHuluで新作はビデオマーケット」という使い方もあり。お互いの欠点を補えて、月額は1433円+税。

U-NEXTと比べても割安です。

無料期間が月末まで
この月末までって、文字通り月末までです。下手をすれば1週間もしないうちに終わりってこともあるので、なるべく長く無料で楽しみたいんじゃー!という場合は、月初めまで待った方が良いです。

Amazonプライム・ビデオ

¥325/月
  • 無料お試し期間 30日間
  • PPV ×あり
  • 同時再生 3
  • ダウンロード機能

何といっても月額325円の安さが魅力。

なんかもう「安い」っていうだけであらゆる記事でおすすめしている気がするAmazonプライムです。

ラインナップも最新作・人気作・過去の名作まで幅広く取り揃えていて、「数を揃えるためだけに誰も知らないような作品を並べる」ということがないので、個人的に好感度高め。

新作の配信も早く、特に話題作ほど積極的。「シン・ゴジラ」もAmazonプライムビデオが一番早かったですしね。

デメリットとしては、見放題作品の数がそれほど多くない点。

見たいと思ったけどレンタルだった」というパターンに良く出会いますが、月額325円(税込)という安さを考えればそれもやむなし。

オリジナルの邦画や独占配信もあり、月額を安くしたい、とりあえず何か試してみたいという人は、まずはここから試してみると良いと思います。

Amazonプライムの各種特典もついてくるっていうか、プライムビデオの方がAmazonプライムのオマケなんですけどね。

すでにプライム会員になっている方でも、Amazonプライムビデオは使ったことがないという人も多いのでは。

SNSアカウントでコメントできます

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください