【Overwatch】レッキングボールの立ち回りと使い方解説

レッキングボール

久し振りにオーバーウォッチを付けたら何やら可愛いハムスターが増えていました。

ってことで、レッキングボールの立ち回りを個人的な雑感を踏まえて解説していきます。

レッキングボールを使ってみたい、あるいは使ってみたけど何したら良いか分からないっていう人のための基本講座です。

書いてる人は野良専でライバルマッチのレートはだいたい3500ぐらい。今はクイックプレイでボチボチ遊んでいます。

レッキングボールの強みと弱点

立ち回りとは「強みを押し付けて苦手な分野で戦わない」ってことなので、まずはレッキングボールの強みと弱点の話を。

強み

トップクラスの制圧力

ノックバックと硬さ、爆弾をばら撒くUltなど、とにかく制圧力に長けた性能。

厄介な場所に敵が陣取っていても、そこを通るだけで蹴散らすことができる。

こと「場所を取る」という一点にかけては全タンクトップ。ゴリラを上回る性能だと思う。

スタンが強い

パイルドライバーは直撃100ダメージで威力も高い上に、敵を浮かして2秒間移動不可にするかなり強力なアビリティ。

使いどころとしては、敵が引くタイミングの追撃や突撃してきたタイミングに出足をくじいたりできると強い。

距離減衰が激しいので敵の真上で落ちないと火力としては期待できない。

何も考えずに敵布陣のど真ん中に落ちると、体力1300あっても普通に秒殺される。

しぶとい

「こいつ殺せる!」と思わせてからの逃げ足が速い。シールドも硬くてとにかくしぶとい。

思わず撃ちたくなる丸いフォルムもニクイ。

ウザい

足を止められるし、ぶっ飛ばされるし、殺せると思ったら逃げていくし、とにかくウザい。

うぜええええ!!と思ってもらうのが仕事なので、相手の嫌がることをガンガンやっていこう。

アタッカーやヒーラーをノックバックやスタンで足止めしたりとか、ヒーラーにちょっかいかけたりとか。

行動範囲が広い

足が速い上に段差をものともせず、タンクらしからぬ機動力。

裏に回ってもすぐに帰ってこれるし、ヒーラーに頼らずともヒールパックで回復して回れるし、やられてからの復帰も早い。

行動範囲の広さもレッキングボールの強みのひとつ。

弱点

火力がない

メインウェポンのクアッドキャノンは距離減衰が激しく、結構散らかる上に息切れが激しい。

近距離でしっかりヘッドショットを出さないとまともに火力がでない。

ロールからのグラップリングクローにしても一撃50ダメージで、キルを取るには厳しい数字。

唯一単独でキルを取れるコンボが、パイルドライバー直撃からのクアッドキャノン。

それで殺しきれなかったらシールド張ってバイバイって感じ。

そんな感じなもんで、1vs1で対峙した時に「圧倒的に相性が良い」っていうヒーローがいないのが悩み。

Dvaやゴリラみたいにヒーラーの護衛を兼任するには少し心もとないかも。

遊びやすい

火力もないし、決定打にできるようなアビリティがあるわけでもなく、敵に脅威だと判断されにくい。

強みに「ウザい」と書いたけど、ウザいと思われるまでのハードルが結構高い

ちょいちょい顔を出してくるレッキングボールが無視され続けているのはよく見る光景。

立ち回りが難しい

状況によってやることがかなり変わってくる。

しっかり頭を狙えるエイムも必要だし、アビリティの管理も割とシビア。

加えて、グラップリングクローの操作が難しく、思った場所に移動できるようになるにも練習が必要。

総合的に難しいヒーローだと思う。

さらには、上手く動けていたとしても実感が乏しく、手応えらしい手応えがないのも難しさに拍車をかけている感じ。

レッキングボールの立ち回り

レッキングボールの場合は敵の攪乱とエリアの制圧。

ゴリラよりもさらに散らかし要員に特化した感じ。

基本的な動き方

グラップリングクローで上空まで飛び上がるか、高台から「パイルドライバー>クアッドキャノン>シールド>グラップリングクローで離脱」

これが基本なんだけど、飛び込むタイミングがまた難しい。

が、飛び込まないと仕事ができないジレンマ。この辺もゴリラに似てる。

敵陣への飛び込み方

構えてるところに正面から突っ込むと普通にスタンされてタコられる。

状態異常にとにかく弱いので、誰にも見られていない場所から突撃するのがベスト。

そうでなければ、戦闘が始まって別のことに集中している敵の頭上から。

不意をつけるようになれば目に見えて戦果があがっていく。

パイルドライバーで狙った相手の頭上に正確に落ちて100ダメージ。残りの100をクァッドキャノンで削り切るぐらいのことができると強い。難しいけど。

飛び込む目的は、有利なエリアを陣取った敵を退散させたり、敵陣中央に落ちて前衛と後衛を分断したり

敵の集団を雲だと思って、それを散り散りにするイメージ。いわゆる「クラウドコントロール」と言われる概念をもって動けるといい仕事ができる。

飛び込むタイミング

個人的な感覚だと、突っ込む時は、味方に合わせようとするより来てくれるのを信じて自分のタイミングで行く方が上手くいきやすい。

ただ、レッキングボールはずば抜けて足が速いので、距離だけは確認しておかないと、ついて行きたくても行けないメンバーが続出する。

機動力があるパーティだったらダイブ構成のような戦い方もできる。というよりこっちの方がメイン?この辺はメンバーによるので要確認。

メインタンクの時もサブタンク時も、できるだけ相手の視界の外から突っ込むこと

サブタンクの時は、メインタンクが戦闘を開始してから突撃する方が連携が上手くいきやすい。

突っ込んでくるのが分かっていたら普通に避けられるし、ハッキングやスタンの良い的になる。

他には、敵の集団に突撃して裏に回り、ヒールパックを回収して裏からパイルドライバーしてみたり、高台に陣取って開戦と同時にパイルドライバーしてみたり。

乱戦時

乱戦時はとにかくパイルドライバーで敵の足を止めて的にする。

ヒーラーを狙っているアタッカーや、敵ヒーラーを狙って行くといい。

普通にメインを連射していてもほとんどの場合は無視されるかタコにされる。

苦手な相手

基本的に火力がないので、ヘルス200のヒーロー以外を相手にするのはキツイ。

特にリーパーメイバスティオンはピックを考え直すレベル。

あとソンブラ。ハッキングを喰らったら死あるのみ。

アナのスリープダーツもきついけど、上の4人ほどじゃない。

当たり判定がデカいからハンゾーなんかも、近距離で狙われるとキツイ。

まとめ:どれだけウザいかに命を懸けるヒーロー

立ち回りに関しては、パイルドライバーがメインで他がオマケって感じ。狙った敵の頭上に落ちれるようになるとキルもガンガン取っていける。

  1. まずはグラップリングクローで思い通りに動けるようになる練習
  2. 慣れてきたら、敵の死角からパイルドライバーで突撃して生きて帰る練習
  3. それにも慣れてきたら、狙った敵の頭上に正確に落ちる練習
  4. ここまで来たら、開戦の仕方を色々工夫してみる

何も考えずに使うよりも、こうやってひとつずつ意識して練習していった方が、仕事ができるようになるのは早いと思う。

SNSアカウントでコメントできます

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください