【評価と感想】パシフィック・リム:アップライジング/相変わらず最高のロボット映画

怪獣とロボットの大バトルで大ヒットした前作の「パシフィック・リム」は、日本の特撮やロボットアニメのオマージュを至る所に感じる素晴らしい作品でした。

僕はアクション系は大好きでゴジラや、キングコングといった、デカブツが暴れるのは大好物。

続編となる「パシフィック・リム:アップライジング」も興味津々です。

舞台は「パシフィック・リム」の10年後の世界。

世界はどう変化したのか?次なる脅威は?いろいろ気になりながらの鑑賞でしたが概ね満足。

キャストはほとんど一新されていて、若い俳優が多かったですね。

注意:多大なネタバレを含む内容なので映画を見てない方はご遠慮ください。

感想

戦闘シーンが明るい映画は珍しい?

前作は夜間の戦闘が多く、とても雰囲気がありハラハラしましたが、見にくいのが若干気がかりでした。

今作はほとんどが昼間の戦闘で、イェーガーの動きが明るい場所で見れたのは素直に嬉しかったです!

子供の頃に見たウルトラマンvs怪獣を思い出して、興奮していました。怪獣SF映画ファンも納得の明るさ(?)。

そういえば、明るいところで戦闘をする映画を見たのは割と久しぶりかも。昨今のアクション映画は雰囲気を出すためか、暗い場所での戦闘が多い気がします。

イェーガーの技術進歩も見所のひとつ!


さすが、10年も経つと格段に技術が進歩してます。この技術進歩の様子も見所のひとつ。

イェーガーの機体数は増えてるし、動きは滑らかでスピード感もあり、機動性は前作を遥かに超えてます。

敵の攻撃を華麗に避けながらソードで斬ったり、軽やかで見応えのあるアクションの連続

前作の重量感があるイェーガーも良かったですけどね。重量感のあるパワフルなロボット感が好きな人には、ちょっと残念な部分かも。

コックピットでの操縦シーンも超未来的

ミサイルを間一髪で避けたとき、コックピットの中にもホログラムのミサイルが映るんですよ!

ちょっとメタな話ですが、イェーガーとパイロットのシンクロ感がより伝わってくる設定で、状況の整理がしやすかったです。

東京が舞台になるのはやっぱり嬉しい!

日本の特撮文化や、ロボットアニメ文化のオマージュを探すのもパシフィック・リムの醍醐味。

今作は、なんと最終決戦の場所が東京なんですよ!これは日本人ならテンションが上がらざるを得ない。

見知った街がロボットと怪獣の戦闘で崩れ落ちていく……ロマンですよねぇ……。

もちろん、他にもニヤリと出来る瞬間はたくさん。

イェーガーが怪獣に侵食されてる場面なんかはエヴァンゲリオンっぽかったし、ロボット日本代表のガンダムが現れた瞬間なんか大興奮ですよね。

主人公の成長物語に感動


主人公のジェイク・ペントコストは、前作で登場した司令官の息子です。

イェーガーに無断搭乗して転倒させたことが原因で隊を除隊させられ、以来盗みで生計を立てているどうしようもない放蕩息子。

未熟者を絵にかいたような彼が、世界を救うという使命に向き合って、成長していくんですよ。

お決まりですけど、成長物語はやはりひとしおの感動がありますね。

まさか彼が教官として隊を引っ張る役割になるとは考えが及ばず、いい意味で裏切られました。

主演のジョン・ボイエガは、少し幼い顔立ちですが、勇敢なイメージもあってハマり役だったんじゃないかと思います。

ライバルのネイサンとイェーガーの美人技術者ジュールズについて話すシーンなんか、主人公の皮肉屋な一面がフルスロットルで見物です。

ぜひ次の続編もジョン・ボイエガを主演でお願いしたい。

悪役のリーウェン・シャオはちょっと可愛すぎんか?

悪役として登場したのは、中国シャオ産業のトップ、リーウェン・シャオ。

これがまた、すごい気が強い悪い女なんですよ。

で、この役を演じたのがジン・ティエンっていう女優さんなんですけど、おめめなんかクリクリですごくキュート。

キャラクターと女優さんがすごくチグハグに見えてしまって、人物像がブレブレなんですよね。

美人なんで見栄えは良いんですけど、もっと気が強い表情や憎い演技ができる女優さんの方が良かったんじゃないかなーと思うんです。まぁ好き好きなんでしょうけれども。

最近の大作映画でよくある中国市場を意識した作りなのかなーとか勘ぐってしまいました。

森マコはなんで情報を送れたのかがイマイチ分からん


シドニーで正体不明のイェーガーが現れた時、それを見た瞬間、マコは何かに気が付いた様子で手持ちのデバイスを使って本部に情報を送ります。

当然それは正体不明イェーガーの情報で、”マコなんで知ってたんや!?”っていう面白い伏線が、その後の展開を期待させるわけですよ。

でも、これ未回収でした。

死ぬ間際ですよ?そりゃあもうすこぶる重要なことだろうと思わせるに十分なシーンなのに、その辺については作中であまり語られなかったんですよね。

森マコは前作でもヒロインでしたし、10年間で事務総長という役職まで登りつめてます。

そのことから、マコが過去の経験や今まで見てきたものから謎を突き止めたらしい……とこまでは想像できるんですけど、結局重要な伏線は回収されず。

ストーリー上でも結構大事なとこだったと思うんです。もうちょっと分かりやすく派手に回収してほしかった。

そうすれば、マコの死を起点に深みを出せたんじゃないかなと。

「『パシフィック・リム』からの日本人女優代表だったので、もっと重要人物として大事に扱ってほしかった」という無念な気持ちが、エンドロールに水を差してきました。

それとも、この謎は続編に続くんか……?

結局廃棄工場は結局なんやったん?

マコの遺言とも言える情報は、”ある地域”を示していました。

そこは廃墟となった工場で、イェーガーの燃料となる物質を作っていたことが判明。

「これは怪しい工場だ!!」ってことで調査に向かうんですけど、ここでもまた正体不明のイェーガーが現れ工場が破壊されます。

で、あの工場はなんやったんやと。マコが命懸けで送った情報は瓦礫の下に。

結局、その調査で「正体不明のイェーガーは人工的に作り出された侵食型怪獣だった」ということが明らかになったんで、結果オーライなんですけど、マジでマコはなんやったん?

この展開でマコの死を無駄死にに感じた人も多いんじゃなかろうか。つらい。

気になって何度も映画を見直したけど、その後も廃棄工場の謎についてはあまり語られず。

「このままじゃマコが浮かばれんやろがい!!」という一心で「廃棄工場で何が行われてたか」をググったところ、“ドローンイェーガーと怪獣を組み合わせるための工場だった”らしいです。

つまり、プリカーサーに洗脳されたニュートン博士が秘密裏にイェーガーと怪獣を合体させてた工場ということです。

ソースまでは行き当たりませんでしたが、まぁそういうことなんでしょう。

良いんですよ。別に良いんですよ。

バトルは見応えあったし、映画は面白かったし良いんですけどね。マコ残念過ぎひん?

続編はゴジラが出るって本当?

パシフィック・リム3(仮)はあるらしいですよ!

最後のシーンで、ジェイクが洗脳されたニュートン博士に言い放った「今度はこちらから出向く」というセリフからして、次なる戦いは怪獣の惑星かも!?

ってことは、違う宇宙をつなぐ狭間を通ることになるじゃないですか!

異次元を通ればパラレルワールドなんてことも考えられるじゃないですか!

ハリウッド版ゴジラと対決するとかもあり得るんじゃないですか!?

っていう話が、ファンの間では盛り上がっているようです。

「そんなのありえるんかー?」って思うでしょ?それが、ありえそうな感じらしいです。

ハリウッド版ゴジラは、“モンスターバース”という括りでフランチャイズ化されていて、2020年「ゴジラVSキングコング」も公開予定。

「パシフィック・リム」も同じ製作会社なんで、モンスターバースの怪獣とのクロスオーバーは十分に現実的なんですよ。

「パシフィック・リム:アップライジング」の監督を務めたスティーブン・S・デナイトがその可能性を示唆してることも、ファンの間で話題になってます。

まとめ:相変わらず最高なロボット超大作!

ロボット超大作「パシフィック・リム」は最高。「パシフィック・リム:アップライジング」も最高。

醍醐味のアクションは前作をはるかに超えたスケール感で、日本の特撮やアニメなどへのオマージュも相変わらず。

いろいろ気になるところはありましたけど、面白かった!やっぱりロボットバトルは最高ですね!

語彙力を失っているような気がしますが、それぐらい何も考えずに楽しめる映画ってことで、何か面白い映画ないかなーって時にはおすすめの一本です!

パシフィック・リム:アップライジングが見れる動画サービス

今だと「U-NEXT」「ビデオマーケット」「Amazonプライムビデオ」「dTV」でポイントを使って見ることができます。

2018年3月15日公開なので、見放題になるのは2020年初頭頃ですかね。

SNSアカウントでコメントできます

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください