PC初心者にGPUとグラボの違いや性能の見方を分かりやすく解説する

長年PCゲームしてるとパソコンについての相談を受けることも結構ありまして、色々とアドバイスをさせてもらったりしてるんですけれども

「グラボを変えないと動かないよー。」

「グラボって何?」

「そこからか。」

っていうやり取りが結構多くて、割と知らない人多いんだなと。

グラボについてはPCを買い替えたりする時に必ず悩むところでもありますし、ゲーミングPCを長く使おうと思ったら必ず必要な知識になります。

分かっちゃえば簡単なものなので、PCでゲームをするならぜひともと思い、今回はグラフィックボードについてのお話をば。

Sponsored Link

グラフィックボードとは

簡単に言えば、パソコンの画面を映すためのチップを搭載したパーツです。

一般的なパソコンの動きを処理・管理しているのが「CPU」。でも、CPUがいくら処理をしたところでそれはただの文字の羅列で、普通に見ても意味が分かりません。

それを僕らの目で見て分かりやすいようにモニターに表現してくれているのが「GPU」です。

この「GPU」をCPUとモニターに接続するためのパーツのことを「グラフィックボード」って言います。

グラフィックボード

なんでグラフィックボードが必要なの?

ゲーム用でない普通のパソコンは、「マザーボード」にGPUの機能が付いていることが多いです。

マザーボードっていうのは、パソコンの家みたいなもんで、だいたいこれにパソコンの全部のパーツがくっついてます。

標準でマザーボードにくっついてるGPUのことを「オンボード」といいます。動画を再生したり、写真を加工したりする分には十分な性能があります。

しかし、最近のゲームのように3Dの処理をリアルタイムでやろうと思ったら、「時間当たりの処理速度」が重要になってくるので、オンボードのGPUじゃ処理が追い付かなくなってしまいます。

やろうと思えばやれないこともないんですけど、処理の時間はかかるし廃熱はすごいしで、とても実用に耐えるレベルじゃありません。

そこで、もっと処理能力が高いGPUを搭載した「グラフィックボード」が必要になってくるんですね。

Sponsored Link

グラフィックボードの性能の見方

スペックの話になると、なんかもう色々細かい数字がズラッと並んで頭パンクしそうになります。

でも、大丈夫。使う分に大事なことは2つだけです。

「どれぐらいの『解像度』の映像を、どれぐらいの『フレームレート』で動かせるか?」

という点です。

「圧力釜の何が凄いのかは良く分からなくても、結果的に美味しいご飯は食べられる」みたいな話です。重要なのは釜の云々じゃなくてご飯の方ですからね。

というわけで、ここからは「解像度」と「フレームレート」について詳しく解説します。

解像度

「解像度」とは、画像をどれぐらい細かい粒で表現しているかっていう数字で、この粒のことを「画素=ピクセル」と言います。

1920×1080とか、800×600とかっていう表示を見たことありませんか?あれは、横1920ピクセル×縦1080ピクセルで画像を表現していますよっていう表示です。

8k、4k、フルHD、HDとか聞いたことあると思います。あれも解像度を示す表記です。

フルHDの画素数

例えば、最近登場した4kは「3840×2160」。これは、横3840、縦2160の画素で表現しているよっていうこと。横が4000に近いんで、4kって言われてます。

一般的なフルHDは「1920×1080」。2Kという呼ばれ方もしますが、この呼び方はあまり一般的ではありませんね。

HDは「1280×720」。

解像度とモニターの大きさ

解像度が一番モノを言うのは「モニターの大きさに対しての画面の綺麗さ」です。

どういうことかというと、モニターが大きくなればなるほどひとつひとつの画素も大きくなってしまい、画面全体がぼやけてしまいますよね。

そのため、大きなモニターほど高い解像度が必要になります。

逆に言えば、小さなモニターでは高い解像度を十分に活かすことができません。

例えば、24インチ程度のモニターでフルHDと4kを比べてみたとして、その違いは「なんとなく滑らかに見える」程度のもので、肉眼ではあんまり違いが分からなかったりします。

ですが、GPUはしっかりその違いを認識しています。画素が多くなるとそれだけGPUへの負担も大きくなるので、「自分はあんまり違いが分からないのにGPUはめっちゃ頑張ってる」というチグハグな状況に。

つまり、よっぽど大きなモニターを持っていない限りはフルHDで十分ってこと。

今のご時世だと、HDや800×600のモニターってのはほとんどないっていうかない?ので、「1980×1080のフルHDをどれだけのフレームレートで動かせるか」がグラフィックボード選びのひとつの基準になります。

フレームレート

ここからはフレームレートのお話。

フレームレートとは、「1秒に何回画面を処理するか」という数字で、FPS(フレーム・パー・セコンド=フレーム毎秒)という単位で表されます。

パラパラ漫画が荒いか細かいかの違いと考えてください。単位が大きいほど、動画が滑らかになります。

例えばPS3は30FPSで動いています。1秒間に30枚の静止画を表現しているよってこと。

PS4が60FPS。こっちは1秒間に60枚ですね。2倍の滑らかさでゲームを動かせるってことです。

普通にゲームをプレイするだけなら30FPSで十分。60FPSあればかなり快適に動くので、ほとんどのゲームでは60FPSが推奨されています。

ただ0コンマ1秒が勝敗に関わってくるFPS(ファースト・パーソン・シューティング:対戦ガンアクション)や格闘ゲームのようなゲームでは120FPSが推奨されることもあります。

フレームレートも、多くなればなるほどグラフィックボードの負荷が大きくなります。

解像度とフレームレートは反比例していて、解像度が大きくなるほどフレームレートが落ちてしまいます。

まとめ

グラフィックボードの性能は「どれぐらいの解像度をどれぐらいのフレームレートで動かせるか?」という点に尽きます。

SLIとかHBM2とかGDDR5Xとか、難しい横文字も全部そのためのもの。

どれだけ素晴らしく謳われた機能も、解像度とフレームレートが伸びないとゴミです。

しかし、「解像度」と「フレームレート」は実際に動かしてみた結果ですので、グラフィックボードのスペック欄に「1980×1080:60FPS」なんて記載してあるわけではありません。

釜の機能詳細をいくら眺めても味が分からないのと同じです。釜の例え若干分かりにくいな……。

その辺も踏まえて、次はおすすめのGPUと選び方を紹介しますね。

[st-card id=8367 ]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です