MMO用12ボタンゲーミングマウス「Razer Naga Chroma Epic」レビュー

Razer Naga Chroma Epic

これまでRazer Naga 2014をずっと使っていました。かれこれ5年になるのかな。

さすがに5年ともなるとアチコチに不具合が出たもので、クリックを勝手に連打しちゃったり、ボタンが効かなかったり、挙動がおかしかったりするんですね。

ってことで新しいマウスを探していて、でもゲーミングマウスで12ボタンともなると使い慣れたものが良いじゃないですか。

で、同じマウスを購入しようと思ったんですね。Razer Naga 2014。Razerの公式サイト見たら生産終了してるじゃないですか。

でもまぁAmazonとかで販売してるだろうと思って覗いてみると、めちゃくちゃプレミアついてるの。

買った時8,000円ぐらいだったんですよ。それが30,000円近くしてて。

バガカロウと。

2015年頃に「代理店が為替レートに対応するためにrazer製品の価格を25%上げた」っていう話があったんで、以前より高いことは覚悟してましたけど、まさか250%以上も上がってるとは思いませんでした。

ドスパラとかツクモとか見てみても生産終了してるし、諦めて他のマウスにするかってことで現行品の「Razer Naga Epic Chroma」にしました。

Sponsored Link

Razerの12ボタンマウスの現行モデル

現行モデルはNagaの公式サイトから確認できます。

参考 マウスRAZER 公式ストア

最近のRazerは、「MANBA」とか「BASILISK」とかの高dpiの高精度マウスが主流みたいで、12ボタンマウスはNaga EpicとNaga Trinityの2種類しかありませんでした。

実際、FPSで12個もボタンが必要になることはないですし、逆にMMOで高dpiでも宝の持ち腐れだし、その辺を差別化してるんでしょうね。

あ、dpiって何や?って方は、こちらに分かりやすくまとめたので参考までに。

dpiとは?マウスの解像度やドットについて分かりやすく解説した!

Naga Chroma Epic

Razer Naga 2014の後継機。

無線・有線両用になっていて、その他のスペックはほとんど一緒。

レーザーセンサー、8200dpi。

Naga Trinity

Trinityは3種類のボタンが付け替えれるっていう珍しいタイプ。

あとはレーザーセンサーが光学式になっていて16000dpiに対応。

インターフェースにとことんこだわる人の間では、レーザーか光学式かは好みが分かれるところらしい。

センサーについての話はこちらを参考に。

マウスのセンサーの写真 ゲーミングマウスのセンサーの選び方!ゲームに最適な読み取り方式とは?

ちょっと便利かもって思ったけど、僕が実際に使うと絶対にめんどくさくなって付け替えなくなるのが目に見えるし、ソフトがクソっていうレビューも気になって今回はスルー。

他メーカーの12ボタンマウス候補

Logicool G600

定番のG600t。

スペックはNaga Epicとほとんど一緒で、価格は1/3~。

とにかく値段が安いのでこっちに以降することも考えたんですけど、重いしデカいし、そもそもサイドボタンの押し方がNagaと全然違うので断念。

やっぱ使い慣れた物が良いよね。

G600については、過去にNagaとの比較レビューを書いているので、そちらも参考にしてみてください。

RazerNaga vs G600 【FF14】パッドからマウスにしようか悩んでいる人に贈る12ボタンマウスレビュー
Sponsored Link

Razer Naga Epic Chromaレビュー

Razer Naga Chroma Epic

「Chroma」っていうのは、「1600万色をカスタマイズして自由に光らせることができる機能」が付いたモデルで、キーボードとかヘッドセットとか色々あります。

僕は光るとかはあんまり興味がないのでスルー。

Naga 2014とスペックはほぼ一緒で、一番の違いは「有線・無線両用」ってところです。

当時は「どうせ無線じゃ使わないしな」ってことで安かった2014を選んだんですけど、Amazonで30,000円近いとなると話は別。

Epicでも15,000円ぐらいはしますが、元が8,000円ぐらいの商品に30,000円出すより遥かにマシです。

というわけで、来ました。

マウスを箱から取り出す様子

Amazonで購入。15,736円でした。ドスパラで買った方が少し安かったかも。まぁ細かいことは気にしません。

RazerNaga2014とEpicを並べてみた

並べてみると線がついているところ以外は全く一緒。2014年季入ってるぁ……。

さっそく充電器に接続。

RazerNagaEpicを充電器につなぐ様子

ドライバのインストールとかペアリングとか不要で、繋いだらすぐに動き出しました。

これが取扱説明書。英語は全然読めませんが、猿でも分かるようになっていて助かります。

razer-naga-chroma-epicの取扱説明書

razer-naga-chroma-epicの取扱説明書

思ったよりも無線が便利

僕も今までゲーミングマウスは有線教の信者だったんですが、ワイヤレスでゲームをするのは初。

試しに何かやってみようと、どうせなら反応速度の違いが分かり易そうなFPSをと思い、Overwatchを起動しました。

ぶっちゃけ、あんま変わんないです。遅延してる感じもないし、むしろ有線のコードに引っぱられなくてプレイしやすい

ゲーミングマウスも無線の時代なんだなーと。FPSをゴリゴリやって大会とか出たいし果てはプロになりたいっていうんじゃなければ、もう無線で十分ですね。

難点としてはプレイ中に充電がなくなってしまうこと。

いや、20時間連続使用可なんで、使わない時に充電器に挿せば良いだけなんですけどね……。

有線時代の名残が抜けず、ついついその場に放置してしまいがち。なんか電磁波とか出す機械みたいなので電源供給も無線にならないかな……。

でも、整理整頓にはめちゃくちゃ良いですね。マウスが机に出てないっていうだけなんですけど、机の上がすごいスッキリして見えます。

まだ値段があがるかも?

一応現行品ではあるんですけど、公式サイトでも在庫切れが続いているので、ひょっとしたらEpicやTrinityも値段が上がる可能性もあるかも。

Amazonでは既に45,000円とかワケノワカラナイ金額になっているお店もあり。

マウスなんか消耗品なのに、なんでこんなプレミア価格みたいになってるのか謎なんですけど、それだけ人気ってことなんでしょうね。

とりあえずRazerが新しい12ボタンマウスを発売する予定もないっぽいですし、Naga 2014と同じ使用感のものを求めているならEpicおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です