TSUTAYA TVのメリットとデメリット!他の動画サービスと比較した特徴まとめ。

TSUTAYA TVのメリットとデメリット

動画サービスの普及によって苦しい立場に立たされているレンタルビデオ店。レンタルビデオ店の代表と言えば、TSUTAYAですね。

実はTSUTAYAも早くから動画配信サービスには目を付けていて、今回レビューする「TSUTAYA TV」は、2008年からサービスを開始しているんですよ。

ですが、ラインナップの微妙さ、複雑なプラン、サイトやアプリの使いにくさで泣かず飛ばず……。さらには2018年5月には、消費者庁からの景品表示法違反の指摘を受け、一気に消費者の信用を落としてしまいました。

良いところもあるっちゃあるんですけど、使っててイライラすることばかりで、ほとんどデメリットの話になってしまいました……。

TSUTAYA TVの料金設定

TSUTAYA TVのロゴ

¥933/月
  • 無料お試し期間 30日間
  • PPV あり
  • 同時再生 1
  • ダウンロード機能 ×

基本的なTSUTAYA TVのプランは「月額見放題」の1つだけ。「月額見放題フル」や「月額見放題ライト」などややこしい単語を目にする機会があるかもしれませんが、これらは大人向けのアダルト作品がメインなので無視してOKです。

ホント、こういうところがややこしいんですよね……。

月額見放題:月額933円+税

約10,000タイトルが見放題+毎月1,080ポイントで有料作品をレンタルすることができます。

月額見放題フル:2381円+税

アダルト作品の見放題プランです。公式によると60,000万本以上が見放題らしいですが、はてさて……。

TSUTAYA TVポイント

毎月、レンタルに使えるポイントが1,080円分もらえます。一本がだいたい400円~500円+税なので、毎月2本なら月額料金内でレンタルできます。

TSUTAYA TVの新作

TSUTAYA TVのメリット

セールがあってお得にポイントが使える

TSUTAYA TVではたまにセールをやっていて、1本100円でレンタルできたりします。対象作品こそ少ないですが、割と話題になった人気作が並んでいました。

動画サービスのPPVはだいたい1本300円~なので、100円はかなりお得。セールをやってる動画サービスってなかなかレアなので、これはTSUTAYA TVならではのメリットです。

アダルト動画も見放題。アダルト見放題作品数は約4,500本。

TSUTAYA TVでは、アダルト作品も視聴できます。アダルトが見れる動画サービスは少なくて、TSUTAYA TV以外ではU-NEXTかFANZAの2つ。アダルトが見れる動画サービスって、結構貴重なんですよね。

数も他に比べてそん色なく、月額933円+税という安さも経済的。

動画サービスアダルト本数料金
U-NEXT約5,000本(見放題)¥1,990
TSUTAYA TV約4,500本(見放題)¥933
FANZA約2,000本(見放題)¥500

アダルトにも3つのプランがある

アダルトの見放題にも3つのプランが選べるようになっています。

TSUTAYA TV アダルト作品プラン表
月額見放題月額見放題ライト月額見放題フル
月額料金933円1,000円2,381円
見放題作品数約4,500本選択ジャンル50本63,000本
ポイント付与1,080円分××
一般見放題作品約10,000本××

とはいっても、数自体は月額見放題だけで見切れないぐらいありますし、契約するには少しお高い。まぁ事前に中身を確認できるので、気になる方はご自身で覗いてみるのが早いと思います。30日間無料ですし。

動画ごとのユーザーレビューがある

TSUTAYA TVでは、動画ページを開くとユーザーの評価とレビューを読むことができます。レビューシステムを導入している動画サービスは今のところ見たことないので、他にはないメリットと言えばメリット。

ジャンルごとに“評価の高い順”に並び替えることもでき、動画を探す時に便利です。

TSUTAYA TVの動画を評価の高い順に並び変える

宅配レンタルとのセットプラン「TSUTAYAプレミアム」

なんだかんだ言ってもTSUTAYAはレンタルの方が優秀です。どこの動画サービスにもない!という場合でもTSUTAYAにならだいたいあります。

TSUTAYA TVと契約しておけば、宅配レンタルのTSUTAYA DISCASも同じIDで利用できます。この辺が便利ですよね。

宅配レンタルの作品数は340,000タイトル以上。DVDだけでなく、音楽CDにアダルト作品も豊富で、数だけで言ったら動画配信サービスの比じゃありません。文字通り桁が違う。

TSUYATA DISCASにもいくつかプランがあって、TSUTAYA TVとセットのプランが「TSUTAYAプレミアム」

ここで一気に解説すると「TSUTAYAなんちゃら」とか〇〇放題とか多すぎてワケ分かんなくなると思うので、詳しくは別の記事で解説しています。

とりあえずここでは「宅配レンタルとセットで使えるんだな」っていうことだけ、ぼんやり頭に入れて頂ければ。

TSUTAYA TV動画見放題のデメリット

ブラウザもアプリも使いにくい

トップにザッと並ぶのはとりあえず新作。その下に「おすすめ作品」とか「レンタルランキング」とかが並んでいて、特集を含めてあんまり魅力を感じない並び。

ジャンルから何か探そうと思って「洋画 アクション」に飛んでみても、作品がただただ羅列されているだけで、興味を引くものが何もない。

これがU-NEXTなら、ジャンルを選択すればそのジャンルごとに特集が組まれていて、何かしら興味を引かれる作品に出会えるんですけどね。

見放題作品が少なすぎる

さらに、トップに並ぶ作品は新作・話題作なもんでだいたい有料。ランキング上位に来るような作品もだいたい有料。ジャンル別のページに飛んでも並び順がデフォルトで「人気順」になっていて、やっぱりだいたい有料

見放題で見れる作品は、実際の数以上に少なく感じます。

見放題で絞り込んでから、さらにジャンルを絞り込めばそこそこ見たい動画もあるんですけど、U-NEXTやNetflixの優秀なレコメンド機能に甘やかされて育った僕には、TSUTAYA TVのブラウザから見たい作品を探すのはかなりめんどくさい作業でした。

TSUTAYA TVじゃないと見れない作品ってのも特にないのがまた……。

ポイントが利用できなかったり、購入しかできない作品が並んでる。

ポイントを使って何か新作を借りて見ようと思ったら、購入ボタンしかないの。レンタルできない。

仕方ないから他の新作を見ようと思ったら

「こちらの商品のレンタル・購入には動画ポイントがご利用できません。」

ってマジか。

動画ポイント利用不可

羅列されてるだけの新作ラインナップから何を見るか悩んで、見たい動画を見つけてレンタル画面に行って、540円って安くないから本当にポイントを利用するか少し悩んで、「よし、見るか!」って思い切ってレンタルしようとしたらコレですよ。

こっちは「見放題+ポイントで動画が見れるサービス」を契約してるんだから、そもそもポイントを使えない商品を並べるなと。

一部、TSUTAYA動画配信ポイントが利用できない作品があります。
NBC Universal Television Japan Ltd、また2018年4月18日以降に配信が開始されるウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社、 ディズニー/ピクサーの作品につきましてはTSUTAYATVポイントでの購入が出来ません。

参考 TSUTAYATV動画配信ポイントが使えない作品は?TSUTAYA TV

さらには普通の「動画ポイント」の他に、特定の動画しかレンタルできない「限定ポイント」というものがある。ややこしすぎてもうよく分からない。動画ポイントが使える作品を絞り込むこともできないし、限定ポイントに至ってはホントに意味が分からないし、もう近くのTSUTAYAに歩いていく方が楽

で、見ようと思った作品は普通にU-NEXTにあるし、変な制限もなくポイント使えるし、なんなら100円安いし。敢えてTSUTAYA TVを使う意味……。

動画のほとんどがSD画質。

TSUTAYA TVにある動画のほとんどがSD画質で、HD画質に対応しているのは全動画の1/5ほど。

TSUTAYA-SD画質の本数

見放題動画になると、わずか1210本。

TSUTAYA-SD画質の本数

ところが、ここまで絞り込んで実際にPCで動画を見てみるとSD画質だったりして、ヘルプを確認してみたところ

見放題作品はSD画質での配信?

??????

つまり、見放題作品は全てSD画質でしか見れないってこと?じゃあ「見放題 HD」で絞り込んだこのリストは一体何?

見放題とHD画質で絞り込んだ

スマホで見る分にはSD画質でもストレスないんですけど、タブレットぐらいになるとSDはキツくなってきますね。PCのフルスクリーンになるとただ汚いだけ。TVの大画面になるともう何が映ってるかよく分かんないレベル。

専用のTVを用意して高画質で視聴できてもHD画質(720p)まで。フルHDは当たり前、4K対応動画もぼちぼち増えてきてる時代に、SD画質でしか見れないってのは時代遅れと言わざるを得ない……。

さらにはTSUTAYAのテレビアプリではアダルトは再生できないので、アダルト見放題作品はどう頑張ってもSDでしか視聴できない。

対応端末が少なすぎて使い勝手が悪い。

TSUTAYA TVの対応端末は、スマホ、タブレット、PCと一部のTVのみ。一時期「TSUTAYA TV STICK」という専用機器を出してたんですが、それも失敗に終わり、唯一のゲーム機「PlayStation Vita TV」でのサービスも終了。ゲーム機、Chrome Cast、Amazon Fire TV/Stick、Apple TVなどなど、現在主流となっている端末に一切対応していません。

ほとんどの動画がSD画質なことを考えても、完全にスマホ・タブレット向けのサービスなんですが、他社と比べて使いやすいかというと、そういうわけでもなく……

見放題はダウンロード・オフライン再生不可。

TSUTAYA TVでは、見放題作品はダウンロード・オフライン再生ができません。ダウンロードができるのはレンタル作品のみ。

※2018年6月現在「月額見放題」対象作品のダウンロードには対応しておりません。

ダウンロードが可能な場合

・対象作品  ダウンロード販売をおこなっている単品動画作品

・対応機種  Android端末、iOS端末。スマートフォン端末ではダウンロードが可能です。

※再生開始時に認証通信がございます。以降はオフラインの再生となりますが、飛行機等電波の届かない場所では再生が開始されない場合がございます。

参考 動画のダウンロードにつきましてTSUTAYA TV

複数端末の同時再生不可。

Huluみたいな完全定額見放題のサービスなら分かるんですけど、レンタルメインの動画サービスで同時再生できないのはTSUTAYA TVだけ。U-NEXTは4台まで。Amazonプライムビデオは3台まで。ビデオマーケットに至っては無制限と来たもんで、ここでも時代に乗り遅れてる感。

同じ端末で視聴しててもエラー出たりするんで、かなり厳しいです。

支払方法がクレジットのみ。デビットカードもダメ。

今日日ほとんどの動画サービスがキャリア決済やプリペイドに対応している中で、未だにクレカだけっていうのはなんとも。アダルトコンテンツがあるのでデビットカードもダメ。

今後、改善される可能性はありますが、サポートに問い合わせてみたところ「今のところ予定はない」とのこと。

まとめ:複雑すぎてオススメできない。

とにかくサービスがあれこれあり過ぎてとても複雑。WEBサイトも全然整理されてないし、リンク先も意味がわかんない。

TSUTAYA TVの利用法が知りたくてヘルプを開くも、他のサービスの情報も全部一緒くたになっていて、どのサービスの話をしているのかが非常に分かりづらい。TSUYATA TVを見たいだけなのにプレミアムだのDISCASだの推してくるのも、ホントにいちいち混乱するからやめて欲しい。

画質、支払方法、同時再生、対応端末とか色々問題もありますが、それ以前にとにかく至る所で不親切。ユーザーのこと何も考えてないよね?と思ってしまう。

見放題はともかく、新作はそこそこ揃っているので、月2本を目安に利用するなら悪くない選択だと思います。それにしても、TSUTAYA TVのこの複雑なプランに頭を悩まされる時間が嫌すぎるので、正直微妙。

アダルト専門VODとして使うならアリ

一筋の希望があるとすれば、スマホ限定のアダルト専門サービスとしてならアリかも。アダルト作品が見れる動画サービスは貴重ですし、料金も作品数を他と比べてもコスパは悪くないかと。

普通の動画配信サービスとしては、まだまだ発展途上です。特に使いやすさの面で他社に大きく後れを取っている感。

新作を見たいならU-NEXTがおすすめ。ポイントに制限もありませんし、見放題動画の数も質も圧倒的。雑誌や漫画もあって、アプリも使いやすいです。

とにかく早く新作を見たい。それでいて安く済ませたいならビデオマーケットですかね。レンタルメインですが、U-NEXTを越える作品数が特徴です。

harigane03

新作は見ないし、見放題だけで良いから安く済ませたいっていうならHulu。海外ドラマに強いと評判ですが、映画、アニメ、国内コンテンツまでバランスよく取り揃えています。

manabe-shouhei-i

TSUTAYAの膨大なレンタルDVDがそのまま動画サービスで見れるなら、この使い難さも我慢できるんですが……さすがにそれは難しいか。動画配信サービスでは見れない作品もたくさんあって、そういう作品もTSUTAYAのレンタルにはあったりするので。

いちTSUTAYAユーザーとして、今後に期待ですね。

SNSアカウントでコメントできます

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください