【2019年決定版】国内ドラマに強いおすすめの動画配信サービス5選!

結論から言うと、なんでもあるのがU-NEXT、日本テレビはHulu、フジテレビはFOD、TBSはParavi!って感じで、放送局によって分かれています。

日本テレビやTBSは割かしオープンで他の動画サービスでも見れたりするんですけど、フジテレビだけがやや閉鎖的

フジテレビドラマはFODでしか見れない場合が多いです。

そうは言ってもテレビ局でドラマのラインナップを覚えている人なんてほとんどいないと思いますので、とりあえず各社公式サイトからドラマのラインナップをチラッとでも覗いてみる事をおすすめします。

ほとんどの動画サービスは、契約していなくてもどんな作品があるのか見れますので。

U-NEXT

¥1,990/月
  • 無料お試し期間 31日
  • PPV あり
  • 同時再生 4
  • ダウンロード機能

さすが作品数をウリにしているだけあって、国内ドラマも超充実。

「ガリレオ」「TRICK」「アンフェア」「今日から俺は」「アンナチュラル」「逃げるは恥だが役に立つ」などなど、誰もが一度は聞いたことがある名作から最近の話題作まで目白押しです。

映画やアニメも充実していて、見たい作品に困ることはありません。

レンタル作品が多いので一気見するには向きませんが、毎月1,200円分のポイントがもらえるので3~4話ぐらいなら実質無料。

また、「non・no」「Seventeen」「Begin」「MEN’S EX」「週刊女性」など、40冊以上の雑誌が読み放題で、ポイントを使えば漫画も読むことができます。

1,990円と高めの値段設定も納得の充実度。

見放題の動画も他より遥かに充実しているんですが、1,200円分のポイントを差し引くと見放題分の料金は790円。実はそこまでコスパも悪くないんですよね。

「少し高めのお金を払ってでも隙のないサービスを」という場合にはイチ押しの動画サービスです。

Hulu

Huluのロゴ

¥933/月
  • 無料お試し期間 14日間
  • PPV ×なし
  • 同時再生 1
  • ダウンロード機能

海外ドラマに強いことで有名なHuluですが、日本のHuluは日本テレビが経営を持っているので、他の動画サービスに比べると邦画、ドラマ、バラエティなどの国内コンテンツが充実しています。

昔のドラマはもちろん、最新ドラマの見逃し配信もすべて見放題。

何より933円+税の完全定額見放題っていうのがドラマとはすこぶる相性よし。

1話いくらのレンタル制だと気が付いたらすごい額になっていることもありますしね……。

その他、映画、アニメ、ドキュメンタリー、LIVEなど、バランスの良いラインナップ。他の動画サービスでは有料の作品が、Huluでは見放題で見れることも少なくありません。

どれにしようか迷ったらとりあえず試してみて欲しい動画サービスです。

FOD

FODのロゴ

¥888/月
  • 無料お試し期間 31日
  • PPV あり
  • 同時再生 5
  • ダウンロード機能 ×

ドラマを作っている民放は各社ありますが、中でもフジテレビはやや閉鎖的な印象です。

今後フジテレビの作品はFODで優先的に配信していく方針のようで、他の動画サービスではほとんど見ることができません。

オリジナル作品も多数あり、最近ではFODで人気だった作品を地上波で放送するという流れも多いです。

月額888円+税で毎月1,300ポイントが貰えて、雑誌も100冊以上が読み放題とコストパフォーマンスも高いですが、ポイントを貰うには毎月8が付く日にログインしないといけない縛り。

コンテンツじゃなくてシステムでユーザーを釣っていこうという姿勢に、個人的な好感度は少し落ちています。

また、登録に使えるアカウントが6つもあってややこしかったり、

無料期間を利用できるのがAmazonアカウントのAmazonPayとiTunesストア限定だったり、

iTunesストアから登録するとブラウザ版にはどうあがいてもログインできないなど、

登録・解約関連が少し分かりづらくてめんどくさい。

日本テレビのドラマが好きならHulu、フジテレビのドラマが好きならFODって感じですが、上記を理由に特にどっちが好きということもないならHuluの方がおすすめです。

とは言っても、好きじゃないドラマが見れても仕方ないですし、どっちがどんなドラマをやっているのかを比較した記事もあるので、そちらも合わせて参考にしてみてください。

⇒HuluとFODの国内ドラマ・バラエティを徹底比較

Paravi

¥925/月
  • 無料お試し期間 月末まで
  • PPV あり
  • 同時再生 1
  • ダウンロード機能 ×

TBSはもともと「TBSオンデマンド」という動画サービスを提供していたんですが、2018年3月31日でサービスを終了。TBSの親会社の東京放送ホールディングスに加えて日本経済新聞社テレビ東京ホールディングスWOWOW電通博報堂DYメディアパートナーズの計6社が出資して再スタートを切ったのがParavi!です。

「日本最大級の国内ドラマアーカイブ」という謳い文句の通り、ドラマのラインナップはさすがの一言。

個人的には近年最高の刑事ドラマだった「MOZU」、大ブームを巻き起こした「逃げ恥」、脚本が秀逸なサスペンス「アンナチュラル」など、高視聴率の話題作をガンガン打ち出しているTBS系列のドラマを始め、「沈まぬ太陽」「空飛ぶタイヤ」など、圧倒的なクオリティで人気が高いWOWOWの「連続ドラマW」シリーズのドラマが見られるのも魅力。

WOWOWのドラマは面白いですよー。あまり国内ドラマを見ないぼくでも普通にハマれるクオリティ。

その他、大手メディアが協力してこそ出来上がった大作ドラマがたくさん配信されています。

バラエティ、音楽、アニメ、スポーツ、報道・ドキュメンタリーなど、各局の強みを活かしたラインナップも特徴的。

Amazonプライム・ビデオ

¥325/月
  • 無料お試し期間 30日間
  • PPV ×あり
  • 同時再生 3
  • ダウンロード機能

送料無料やお急ぎ便といったAmazonプライムのサービス込み込みで月額325円(年3,900円)ですから、コスパの面では他を圧倒しています。

動画を見なくてもプライムの他のサービスで十分元が取れてしまいます。

ただ、国内ドラマを目当てに契約するにはラインナップが物足りない感じ。人気作、話題作、新作はだいたい並んでいますが、他では無料で見れるのに、プライムビデオでは有料っていう作品も多いです。

それにしてもレンタルが1本300円ぐらいなんで、2本見ぐらいなら他の動画サービスより安いんですけどね。

Amazonプライムビデオより安い動画サービスはないので、とにかく安く済ませたいなら選択肢に入ってくると思います。

SNSアカウントでコメントできます

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください